駅務研修

夏季休暇中に2年生の駅務研修が行われました。
■実施日:【1班】7/21(火)〜24(金)【2班】8/24(月)〜27(木) 

生徒の感想( 駅務研修日誌が語る、自分)

 担当の方もおっしゃっていた通り、仕事をやっていく上で、感謝されることだけでなく、
文句を言われたり、理不尽なことも多い仕事です。
しかし、それにも耐え、長い時間改札口に立ち続け、笑顔でサービスを提供している駅員さん
が多くいる職場だったと思います。
駅員に必要な根本的な資質みたいなものが、よくわかった実習でした。
     《 中略 》
私の今の学校生活に当てはめて考えてみれば、失敗したことは二度と繰り返さず、
よりよいものに成長していくことだと思います。すべての方が口をそろえておっしゃっていたことは、「今、一生懸命やれることを精一杯やることが大切」でした。
だから私は、この就職までの1年間、自分なりに一生懸命向き合い、さらに成長していこうと強く思えました。
《「駅務研修を終えて」より抜粋》
○○鉄道株式会社にて研修  H さん



 午前中はずっと立っていて疲れました。しかし他の駅員さんは、疲れた顔は一切してなく驚きました。
ものごとを説明するにも、お客様にわかりやすく説明していたので驚き、またそれが鉄道員に必要な力の一つだと思いました。
      《 中略 》
三日間の研修を通じて、いろいろと学ぶことが多かったですが、どうしても人前になると自分の声が小さくなってしまいました。声が小さいとお客様にものごとをうまく伝えられないので、しっかりと気持ちのよい会話ができるようにしたいです。(します。)
《研修日誌2・3日目より抜粋》
△△鉄道株式会社にて研修  A くん