陸上競技部

活動内容
陸上競技部は、週5日、城北公園ならびに学校で練習を行っています。
高校から始める部員も多い中、近年は毎年のように都大会出場者を出し頑張っています。
特進・選抜クラスに属する部員も多く在籍しています。  
みんな走ることが大好きです。

◆中学生の「体験入部」を随時受け付けています。
参加希望の方は、陸上競技部顧問 小倉 武 までご連絡下さい。
TEL 03-3988-5511

大会結果報告



<第68回 東京都高等学校新人陸上競技対校選手権大会>

■日時:平成28年9月22日(祝・木)〜24日(土)
■場所:駒沢陸上競技場

【結果報告】

☆女子4×400mリレー予選  豊島学院高校  4分13秒76
  1走 緑川 玲子  (1年10組 )
  2走 青山 菜々子 (2年9組 )
  3走 小長谷 美夕 (2年5組 )
  4走 山本 佳奈  (2年8組 )

☆女子400m予選   山本 佳奈(2年8組) 1分04秒59
 

東京都6支部の代表選手により、東京都新人大会が開催されました。豊島学院からは、女子400m、女子4×400mリレーの2種目で出場しました。  女子4×400mリレーでは、選手のリレーに対する思いが爆発しました。豊島学院は、本大会の参加標準記録4分20秒00を紙一重で通過する、4分19秒61が参加資格でした。本来であれば、他校と大きく離されることも想像できたレース展開でしたが、全員が力を出し切りました。
 まずは、1走の緑川(1年10組)が食らいつきました。レースの流れを占う1走ですが、1年生ながら、肝の据わったレースを展開し、2走の青山(2年9組)へとバトンパス。エース区間である2走でも、青山が気持ちの入った走りで前半から飛ばし、大きく引き離されることなく、3走の小長谷(2年5組)にバトンをつなぎました。リレーに懸ける思いはチームで一番強い小長谷は、前半からスピードに乗り、アンカー山本(2年8組)へ。ここまでの区間で、チームの自己記録が大幅に更新されることが予想されました。アンカー山本は、個人種目400mでも出場した豊島学院のエースです。前方を走る他校を追い上げ、最後まで力の限り走り抜きました。結果は、4分13秒76で、大会前の参加資格を『6秒』も更新しました。
 雨の中でのレース、初めて自分たちの力で掴んだ大舞台ということで、収穫の多い大会となりました。

1走 緑川(1年10組)  2走 青山(2年9組) 3走 小長谷(2年5組) 4走 山本(2年8組)


 たくさんの応援ありがとうございました。陸上部は、豊島学院・昭和鉄道共に、これからも一層の努力をしていきます。陸上部のメンバーも、同じ練習をしている仲間が都大会で活躍することで、自分も都大会で活躍したいと思えるようになってきたようです。自分自身の可能性を信じ、来年のインターハイ予選に向けて1人でも多くの選手が大きな舞台を経験できるように精進していきます。今後とも、応援宜しく御願いいたします。




祝  第68回 東京都高等学校新人陸上競技選手権大会 出場決定!!

<第68回 東京都高校新人第3支部予選会>
■日時:平成28年9月3日(土)・4日(日)
■場所:江戸川陸上競技場

☆女子 400m決勝 山本 佳奈(2年8組)第8位 1分03秒60

☆女子 4×400mリレー 豊島学院高校  4分19秒61 <都大会参加標準記録:4分20秒00>
  1走 緑川 玲子   (1年10組)
  2走 青山 菜々子 (2年9組)
  3走 小長谷 美夕 (2年5組)
  4走 山本 佳奈  (2年8組)

 東京都が6支部に分かれ、東京都新人大会の出場権を懸けて戦いました。 東京都新人大会へは各種目8位までが出場することが出来ます。本校からは13種目24名が参加し、女子400m、女子4×400mリレーの2種目で東京都新人大会の出場権を獲得しました。
 女子400mでは、山本(2−8)が躍動しました。夏休み中の大会では、なかなか調子が上がらず、本番当日までまでは不安もありましたが、積極的なレースを展開し、見事8位入賞を果たしました。
 女子4×400mは、本校が幾度となく都大会に出場してきた伝統種目です。春のインターハイ予選では、惜しくも出場を逃したこともあり、2年生はその悔しさをバネに、今夏の厳しい練習を乗り越えてきました。レース本番では、誰一人ミスが許されない状況の中、見事に力を出し切り、バトンをつなぎました。結果、都大会参加標準記録をわずかに破る4分19秒61でゴール。目標を達成し、チームは歓喜に包まれました。

■前列4名が女子4×400mメンバーです☆


〈 今後の大会予定 〉
 第68回東京都高等学校新人陸上競技選手権大会
 9月22日(木)・24日(土)駒澤陸上競技場




<第37回 東京都高等学校選抜陸上競技大会・東京都高等学校陸上競技1年生大会>
■平成28年7月16日(土)・17日(日) 駒沢陸上競技場
■主な結果報告
 ★都選抜大会 男子3000m障害 決勝
  佐藤 風太(3年4組) 第3位 9分49秒67

■その他の結果報告
 ★都選抜大会 男子1500m予選 佐藤 風太(3年4組) 4分15秒25
 ★1年生大会 女子200m予選 緑川 玲子(1年10組)  29秒45

 都選抜大会は、各種目で参加標準記録が設定されており、それを超えた者のみに出場権があります。 1年生大会は、東京都6支部から勝ち上がってきた選手が揃い、1年生のみの東京都大会となっています。  本校からは、都選抜大会に男子3000m障害および1500mで佐藤風太、1年生大会には女子200m で緑川玲子が出場しました。

■3000m障害で東京都選抜大会で第3位 佐藤選手

男子 3000m障害  3000m障害予選は、2組で行われ、総合タイムレースで順位を競いました。1組に入った佐藤は、1台目のハードルで他校の選手の転倒に巻き込まれ、ハードル上から落下。あわや大怪我と、肝を冷やす場面となりましたが、直ぐさま立ち上がり、最後尾からレースを再開しました。大会前、「意識するのは順位。東京都で8位に入って、賞状を持って帰ろう。」と約束したとおり、転倒後も気持ちの入った走りでごぼう抜き。4位まで順位を押し上げてゴールしました。レース後、正式結果により、2位でゴールした選手が失格。佐藤は繰り上げで3位となりました。これまで悔しい思いをしたレースが多かっただけに、引退レースで最高の結果を勝ち取りました。  1年生大会200mに出場した緑川は、怪我により1ヶ月間ほど走りの練習が出来ず、苦しい時期を過ごしました。レースは組で最下位となり、緑川自身、悔しい思いをしたのですが、この経験を生かして、これから先の競技生活で挽回してもらえたらと思います。

 本大会にて、3年生が全員引退する運びとなりました。担任の先生を始め、応援して下さいました関係の先生方に厚く御礼申し上げます。今後も、陸上競技部は努力し続けていきます。応援、宜しく御願い致します。


<平成28年度 第3支部学年別大会>
■平成28年6月11日(土)・12日(日) 江戸川陸上競技場
■結果報告

★1年女子 200m 第7位 緑川 玲子(1年10組)28秒80 自己ベスト更新!
                       東京都1年生大会出場決定!  

★2年女子 400m  第3位 山本 佳奈(2年8組) 1分03秒43 自己ベスト更新!

★3年男子 1500m 第4位 佐藤 風太(3年4組) 4分11秒82

★2年男子 800m 第5位 逸見 雄太(2年1組) 2分04秒79 自己ベスト更新!

■200mで東京都1年生大会に進出した緑川選手

 4月に入部したばかりの緑川(1年10組)は、高校で初めての大会にも物怖じせず、堂々とした走りを見せました。1年生は、本大会で各種目8位入賞すると、7月に開催される東京都1年生大会に出場することが出来ます。1年女子200mで7位入賞の緑川は、見事、東京都1年生大会の出場権を獲得することが出来ました。

■3000m障害で東京都選抜大会に臨む佐藤選手

男子 3000m障害 佐藤 風太(3年4組) 9分46秒83 (10分20秒00) ( )内数字は参加標準記録

 また、男子3000m障害において、佐藤(3年4組)が標準記録を突破し、7月16日(土)・17日(日)に駒沢陸上競技場で行われる東京都高体連選抜陸上競技大会の参加資格を獲得しました。さらに上を目指して頑張りたいと思います。応援宜しくお願い致します。


<第69回東京都高等学校陸上競技対校選手権大会>
平成28年5月14日(土)・15日(日)・21日(土)・22日(日) 駒澤陸上競技場

 ★男子3000m障害  佐藤 風太(3年4組) 9分46秒85 自己ベスト更新!
 ★女子800m     仲西 葵 (3年3組) 2分30秒15

 東京都6支部から勝ち上がってきた強豪が揃い、インターハイ予選東京都大会が開催されました。
本校からは男子3000m障害で佐藤風太、女子800mで仲西葵が出場しました。

■ 5月15日(日) 男子3000m障害に出場した佐藤(真ん中)

 3000m障害予選は、3組で行われ、各組上位4着+5着以下のタイム上位 4名の計16名が決勝に進みます。佐藤は、冷静な試合運びで上位陣と互角の勝負を繰り広げていきましたが、ラスト スパートで敗れ、組6着、全体の17位で予選敗退となりました。自己記録を14秒更新し、持てる力を発揮しましたが、あと一つの順位で決勝に進めただけに、悔しさの残る結果となりました。

■ 5月21日(土) 女子800mに出場した仲西(右)

 800m予選は、6組で行われ、予選タイム上位8名が決勝に進みます。400mを専門種目とする仲西。スピードで負けじと、タイムを狙いに行く上位陣に食らいついていきますが、徐々に差は開き、組6着でゴールしました。個人レースとして初めて都大会に出場し、本大会をもって引退となった仲西ですが、彼女が後輩達に残してきた足跡は非常に大きなものとなりました。


 最終学年として、都大会で走ることの厳しさと憧れを下級生に与えてくれた両選手。仲間たちも力の限り、応援しました。両選手の悔しさは、秋の新人戦で後輩たちが晴らしてくれると思います。応援ありがとうございました。



祝 第69回東京都高等学校陸上競技対校選手権大会 出場決定!!
5月14日(土)・15日(日)・21日(土)・22日(日)  駒澤陸上競技場
 ★女子800m     3年3組 仲西 葵
 ★男子3000m障害  3年4組 佐藤 風太

<第69回 東京都高等学校陸上競技対校選手権大会 第3支部予選会>

■日時:平成28年4月23日(土)・24日(日)
■場所:江戸川区陸上競技場

   ー 結果報告 ー
☆ 女子 800m 決勝   仲西 葵 (3年3組)
   第7位 2分28秒06 都大会出場決定!!
☆ 男子 3000m障害   佐藤 風太(3年4組)
    10分00秒83 都大会出場決定!! >

 東京都を6つの支部に分け、各校、各種目3人まで代表者を選出し、
都大会への出場権である8つの椅子をかけて戦いました。

女子800mでは、仲西が冷静な試合運びで、大会前の自己ベストを5秒更新し、
2分28秒09でゴール。全体7位の成績で、都大会を決めました。
男子1500mでは、佐藤が8位と0.01秒差の9位で都会会出場ならずも、
最低限の目標としていた4分10秒を切り、4分09秒69でゴールしました。
また、3000m障害では、都大会参加標準記録を破る10分00秒83で、
都大会出場を決めました。チームの主軸として成長してきた両選手。

都大会では、3年間の集大成として走り抜けてきます。応援宜しくお願いいたします。


<第67回 東京都高等学校新人陸上競技対校選手権大会>

■日時:平成27年9月20日(土)〜22日(月/祝)
■場所:駒沢陸上競技場

☆男子 1500m決勝 佐藤 風太(2年4組)4組6着 4分14秒04(自己ベスト)

東京都6支部から各種目代表者8名ずつ、計48名で関東新人大会の出場権を争いました。
昨年度の自己ベストである4分36秒09から、飛躍的な記録向上を続けている佐藤は、
初めての都大会にも物怖じせず、積極的なレース展開を見せてくれました。
最後は、東京都の高いレベルに跳ね返されましたが、記録は自己ベストを更新。
新たな課題も明確になり、これからの成長に可能性を感じさせてくれる走りでした。



また、9月27日(日)に行われました豊島区秋季大会において、自己ベストを4分11秒54
まで伸ばし、来年7月に行われる東京都選抜大会の標準記録(4分13秒00)を突破しました。
この結果により、大会の出場権を獲得しました。

陸上部は、更なる飛躍へ向け、厳しい練習を乗り越えていきます。
今後とも皆様の温かいご声援を宜しく御願いいたします。

 



 東京都新人陸上競技大会 男子1500m走 出場決定!
<第67回東京都高等学校新人陸上競技大会第3支部予選会>

■日時:平成27年9月5日(土)・6日(日)
■場所:江戸川区陸上競技場

☆男子 1500m決勝 佐藤 風太(2年4組)第5位 4分17秒62 …都大会出場決定!!


東京都を6つの支部に分け、各校、各種目3人まで代表者を選出し、都大会への出場権である
8つの椅子をかけて戦いました。
今年度、急成長を遂げている佐藤は、陸上競技を高校から始めた選手です。日々の努力で、
着実に力をつけてきました。
1500m走は、レース中の激しい位置取りや、急激なペースのアップダウンから、
「陸上の格闘技」とも呼ばれるほど、過酷な競技です。そこで勝ち抜くには、レースの経験値と、
的確な状況判断が鍵となっていきます。初めての決勝にもかかわらず、冷静にレース展開を読み、
勝負をしたことで、見事5位でフィニッシュ。都大会への出場権を獲得しました。





祝 第3支部学年別大会 入賞8種目!
<平成27年度 東京都高体連 第3支部学年別大会>

■日時:平成27年6月6日(土)・13日(土)
■場所:舎人運動公園

☆3年女子 200m  最上 真澄(3年4組) 優 勝  26秒23
☆3年女子 400m  永倉 沙奈(3年3組) 優 勝  58秒60
☆2.3年女子共通 走幅跳 猪瀬  茜(3年5組) 優 勝  5m21
☆2年女子 400m  仲西  葵(2年3組) 第3位  64秒78
☆3年女子 400m  松谷 恵映(3年4組) 第5位  65秒76
☆3年男子 800m  森下  凌(3年6組) 第6位  2分02秒13
☆2年男子 800m  佐藤 風太(2年4組) 第7位  2分03秒79
☆2年女子 400m  関根智七海(2年6組) 第8位  66秒82

2日間にわたって行われた第3支部学年別大会において、上記8種目で入賞を果たすことが
できました。特に優勝した上記3種目は、最上の200mで0.7秒差、永倉の400mで5秒差
、猪瀬の走り幅跳びで20cm差と2位選手を大きく引き離す圧倒的な強さを見せての優勝と
なりました。また、出場選手の多くが自己ベストを更新する実りある大会となりました。
 なお、今大会をもちまして3年生全員が引退となりました。
これまで応援、誠にありがとうございました。